ニキビ、ニキビ痕が気になる方は京都市四条烏丸にある皮膚科・美容皮膚科、ゆかり皮フ科クリニックへ。

診療時間 日・祝
10:00~18:00
休憩時間はありません
× ×
最終受付時間:初診の方17:30 再診の方 17:50

京都市下京区四条烏丸の皮膚科・美容皮膚科

電話番号:075-222-8808 ※ご予約の方が優先になります。

ニキビ・ニキビ痕・毛穴のひらき、黒ずみ


ニキビの原因

ニキビはとても一般的な皮膚トラブルです。
肌への刺激やホルモンバランスなど、様々な原因で毛穴が炎症を起こします。毛穴が詰まると白ニキビになり、さらに皮脂の分泌が増えるとアクネ菌が増えて赤ニキビになります。
当院では患者様それぞれのニキビの原因に応じた対処法を指導させていただきます。

ニキビの治療方法

保険診療の場合

  • ディフェリンゲル、ベピオゲル等の毛穴のつまりを作りにくくするタイプの塗り薬
  • 抗生物質の塗り薬・飲み薬
  • 漢方薬

自由診療の場合

ニキビの保険診療のお薬で、副作用(赤み、乾燥など)が続く方、お薬を使っても治りにくい方、ニキビ痕も治していきたいという方には自由診療をおすすめしています。


ニキビ痕の治療

ニキビ痕の治療はすべて自由診療になります。お悩みによって対処法が異なります。ニキビ痕の気になるお悩みの代表は赤み、茶色み、凹みです。

ニキビ痕の赤みが気になる方へのおすすめ

ニキビ痕の茶色みが気になる方へのおすすめ

ニキビ痕の凹みが気になる方へのおすすめ

毛穴の開き、黒ずみの治療

毛穴の開き、黒ずみの治療はすべて自由診療になります。
当院では原因に合わせて、大きく開いた毛穴を小さく改善する治療法を提案します。


ケミカルピーリング料金表はこちら

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングの治療の様子

ケミカルピーリングとは、皮膚に化学物質を塗布し、表面を一定の深さで薄くはがす方法です。

ニキビ治療
毛穴を塞ぐ角質の栓が除かれて毛穴が開き、たまった皮脂が排出されてニキビができにくくなります。さらにニキビ痕に対しても、長期的に行うことでコラーゲンを増やすので、効果的であると言われています。

くすみ・シミ(特に肝斑といわれるシミ)
お肌のターンオーバーを整え、角質を取り除きます。

小ジワ・たるみ
コラーゲンを産生することで効果が期待できます。

効能

ニキビ、ニキビ痕、くすみ、シミ、肝斑、小ジワ、たるみ、毛穴の開き、
毛孔性苔癬(二の腕などにある毛穴のブツブツ)の改善

治療スケジュール

4週間おきに1回がおすすめです。

施術時間

15分程度(洗顔時間・カウンセリング除く)

施術後の副作用

乾燥しやすくなることがあります。

メイク

施術後すぐに可能です。

洗顔

施術後すぐに可能です。

イオン導入料金表はこちら

イオン導入とは

イオン導入は、微弱な電流で有効成分を肌の奥深くまで届ける治療です。肌表面にはバリア機能があり、せっかく有効成分を塗っても肌の深部まで届きません。
イオン導入では電流の力によって、有効成分を肌表面のバリア機能を通り抜けさせ、肌の奥深くまでたっぷり栄養を届けることができます。
ケミカルピーリングやレーザー治療後のイオン導入は特に効果的です。

当院では以下の3種類の薬液をご用意しております。お悩みに応じて薬液を組み合わせて行うことも可能です。

・ビタミンC

メラニン生成の抑制、抗炎症作用、抗酸化作用、コラーゲンを作る手助けや、皮脂分泌抑制効果があります。
効能・・・ニキビ、ニキビ痕(赤み・茶色み)、小ジワ、毛穴の開き、トラブル肌、シミ、くすみの改善

・グリシルグリシン

毛穴の開きは皮脂によるイオンバランスの崩れによっておこります。
イオンバランスを整えることによって、毛穴の開きを改善し、目立ちにくくします。
効能・・・毛穴の開きの改善

・トラネキサム酸

メラニン生成阻害作用と抗炎症作用があり、美白効果と肌あれ改善効果を同時に実現します。肝斑という女性に多いシミにも有効です。
効能・・・ニキビ痕(茶色み)、トラブル肌、シミ、くすみ、肝斑の改善

イオン導入の治療の様子

治療スケジュール

週に1~2回程度の施術がおすすめです。

施術時間

薬液の数により異なりますが、約20分~1時間程度です。(洗顔時間・カウンセリング除く)

施術後の副作用

特にありません。

メイク

施術後すぐに可能です。

洗顔

施術後すぐに可能です。

ニキビ痕レーザー料金表はこちら

ニキビ痕レーザーとは

赤いものに反応するレーザーを使い、ニキビ痕の赤みを改善します。赤ニキビを早く治す効果もあります。

適応

ニキビ痕の赤み・赤ニキビ

治療スケジュール

4週間おきに照射します。ニキビがほぼできない状態でニキビ痕の赤みだけが残っている方の場合、3~8回くらいが照射回数の目安です。

施術時間

ニキビ痕の数によって異なりますが、約10分~40分程度です。(洗顔時間・カウンセリング除く)

施術後の副作用

2~3日ヒリヒリすることがありますが、強くこすらなければ日常生活に制限はありません。

メイク

施術後すぐに可能です。

洗顔

施術後すぐに可能です。

軟膏(外用薬)料金表はこちら

活性保持型ビタミンC35%(ASVC35%)パック

20ml 4,500円(税抜)、約40回分(診察料込み)。

クリニックでしか販売できない高濃度の活性型ビタミンCパックです。メラニン生成の抑制をしたり、コラーゲンを産生したりする効果があります。水分が含まれていないため防腐剤が入っていませんが、25℃以下で長期間安定します。使用方法の説明があるため、初回のみ診察が必要です。

効能

シミ・肝斑の改善、美白、シワの改善、ハリを出す、ニキビの抑制、保湿力アップ

使用方法

1日1~2回 乾いた肌に塗布して3分後に水またはぬるま湯で洗い流します。

ブリッジセラピー料金表はこちら

ブリッジセラピーとは

この治療は炭酸ガスレーザーを使用して行います。
炭酸ガスレーザーをまばらに照射し、皮膚に微小な損傷を起こします。そこから創傷治癒反応がおこり、皮膚の再生が促進されます。その生体反応を利用した再生治療です。

効能

肌の感触的老化改善(キメ・皮膚のざらつき・くすみ・毛穴・ニキビ痕の凹みの改善、眼の下の小じわ・たるみ)

治療スケジュール

浅いニキビ痕の凹みや小じわの場合、1回の施術で改善がみられます。
深いニキビ痕の凹みや深いしわの場合は2~3回の施術が必要です。
治療間隔は3~4ヶ月に1回行うのがおすすめです。

施術時間

表面麻酔(20分)を含めて、1時間~1時間半程度です(洗顔時間・カウンセリング除く)。

施術後の処置

炎症を抑える軟膏を塗布し、ガーゼを貼ります。
当日はガーゼを貼ったままお過ごしください。ガーゼは翌日からはがせます。

施術後の副作用

赤みが出ます。強く照射した場合、じわじわ出血することもあります。
大まかな痛みは1~2時間でおさまってきます。
4~5日程度かさぶたができます。かさぶたがはがれた後は、ほんのりピンク色の肌になります。
照射後1ヶ月目頃に炎症後の色素沈着がおこることがあります。
レーザーの出力を強くするほど治療効果は高いですが、炎症後の色素沈着が起こる確率が高くなります。
この色素沈着は2~3ヶ月頃から徐々に薄くなっていきますが、美白内服やビタミンCローション、イオン導入、シミ用外用薬等、追加の治療により早く薄くすることもできます。

メイク

翌日から可能です。

洗顔

翌日から可能です。

飲酒など

当日の飲酒は赤みが強くなるため、控えていただくことをお勧めします。

フォローアップ

ブリッジセラピー後に色素沈着が起こった場合は、美白内服とシミ用外用薬を半年間半額にてご購入いただけます。
全顔のブリッジセラピーを受けられた方には、1ヶ月ごとに2回レーザーフェイシャル照射を追加で行います。(レーザーフェイシャルの照射料金は含まれています)

ポイントハードピーリング料金表はこちら

ポイントハードピーリングとは

ポイントハードピーリングは、凹んだニキビ痕に化学物質(高濃度TCA)を塗布して部分的に強くピーリングし、皮膚の治癒力を利用して凹みを目立ちにくくする治療です。

適応

ニキビ痕の瘢痕(凹み)

施術時間

5~10分程度(カウセリング除く)

施術後の副作用

かさぶたが数日でできます。

メイク

施術直後から可能です。

洗顔

施術直後から可能です。

カーボンピーリング料金表はこちら

カーボンピーリングとは

ジェルを気になる部分に塗布し、レーザーに反応させて毛穴の開きや黒ずみを改善させる治療法です。施術の際、レーザーの音とともに輪ゴムではじかれるような痛みを伴うことがあります。



プラズマ・カーボンピーリング施術例
プラズマ・カーボンピーリング施術図解説明

効能

毛穴の開き・黒ずみ・肌のキメの改善

治療スケジュール

4週間に1回 がおすすめです。

施術時間

施術範囲によって異なりますが、約10~50分程度です。(洗顔時間・カウンセリング除く)

施術後の経過

施術直後に数分冷却し、炎症を抑えるお薬を塗ります。
アフターケアとして同じお薬を3日間(1日2回)塗っていただきます。

施術後の副作用

赤みやヒリヒリ感が出る場合があります。日焼けの後のようにぽろぽろ皮剥けすることもあります。

メイク

直後から可能ですが、皮膚が剥けやすくなるので強くこすらずやさしく行ってください。

洗顔

強くこすらずやさしく洗顔してください。

美白内服薬料金表はこちら

美白内服薬とは

トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンE、Lシステインを組み合わせた内服薬セットです。特に肝斑に対しては美白内服が効果が高いです。
※1ヶ月に1回、医師が診察をして処方します。

効能

シミ・肝斑、くすみなどの改善
色素沈着(茶色み)や日焼けの改善
日焼けの予防

外用薬(ハイドロキノンクリーム・トレチノイン)料金表はこちら

ハイドロキノンクリーム

シミのもとになるメラニンの生成を抑制したり、メラニンを作る細胞(メラノサイト)の活動を弱めたりします。
※1ヶ月に1回、医師が診察をして処方します。

効能

シミ・ソバカス・色むら・色素沈着・くすみ等

使用方法

1日1回夜、シミ・くすみの部分に塗布します。

トレチノインクリーム

ターンオーバーを促進し、角質層にたまったメラニンの排出を促します。また、コラーゲンやヒアルロン酸などを作る細胞を活性化させ、お肌のハリを出し、シワを改善します。
※1ヶ月に1回、医師が診察をして処方します。

効能

シミ・シワ

使用方法

1日2回、気になる部分に塗布します。

Copyright © Yukari Clinic All Rights Reserved.
MAP
TEL
MENU