京都四条烏丸にあるゆかり皮フ科クリニックの保険診療の疾患(病気)に関するページです。

診療時間 日・祝
10:00~18:00
休憩時間はありません
× ×
最終受付時間:初診の方17:30 再診の方 17:50

京都市下京区四条烏丸の皮膚科・美容皮膚科

電話番号:075-222-8808 ※ご予約の方が優先になります。

帯状疱疹(保険診療について)

帯状疱疹

以前かかった水痘(みずぼうそう)のウイルスによって起こります。

水痘(みずぼうそう)のウイルスは、神経の根元(神経節)に

ずっとひそんでいます。

このウイルスが体力や抵抗力が落ちた時に、発症します。

皮膚の症状は、はじめは、チリチリ、ピリピリする痛みや、

その部分の紅斑などです。(写真参照)

顔や体のどちらか半側におこるのが特徴です。

その後、水疱や、のう疱が、その紅斑の上にでき、

やがて、それらがカサブタになって治っていきます。

痛みは発疹が出て1~2週がピークのことが多く、

1ヵ月以内におさまることがほとんどですが、

一部の人は痛みが続くことがあります(帯状疱疹後神経痛)。


帯状疱疹は他人からうつったものではありませんが、

水痘にかかったことがない人と密接な付き合いをすると、

水痘をうつします。



・治療

軽症では内服の抗ウィルス剤や鎮痛剤、外用薬で治療します。

重症の場合、入院して抗ウイルス剤の点滴が必要です。

抗ウイルス剤は、ウイルスの増殖を抑える薬です。

早めに治療を始めることが大事です。


Copyright © Yukari Clinic All Rights Reserved.
MAP
TEL
MENU