京都四条烏丸にあるゆかり皮フ科クリニックの保険診療の疾患(病気)に関するページです。

診療時間 日・祝
10:00~18:00
休憩時間はありません
× ×
最終受付時間:初診の方17:30 再診の方 17:50

京都市下京区四条烏丸の皮膚科・美容皮膚科

電話番号:075-222-8808 ※ご予約の方が優先になります。

汗疱・異汗性湿疹(保険診療について)

汗疱・異汗性湿疹

汗疱(かんぽう)・異汗性湿疹(いかんせいしっしん)

夏の暑い時や、風邪などで高熱を出した後に
できる場合が多いといわれています。
手のひら、足の裏、指に数mm大程度の小さな水疱がたくさんできて、
数日で水疱の水分が吸収されてカサカサと皮めくれが起こります。
この状態を汗疱と呼びます。
さらにかゆみと赤みを伴う場合は異汗性湿疹と呼びます。

・気をつけること

むけてくるカサカサの部分を無理にはがすとさらに悪化します。
カサカサをむしらないようにしましょう。
水虫(白癬)と見分けがつきにくいことがあるので、
疑わしい時は皮膚のカサカサを、顕微鏡で検査し確認します。

・治療
汗疱だけの場合は、角質を溶かすタイプの塗り薬で治療します。
異汗性湿疹ではステロイドの塗り薬や、かゆみ止めの飲み薬で治療します。

写真は指の汗疱の状態です。


Copyright © Yukari Clinic All Rights Reserved.
MAP
TEL
MENU